旬彩の宿 緑水亭

緑水亭

 

西本
インタビュアー:西本はるかさん(タレント)

西本 こちらはお料理の方を重視している旅館さんだとお聞きしました。はじめられたのはいつになりますか?


稲葉 平成元年の6月からです。もともと本館の方が誕生寺の近くの観光地にありまして、たまたまこちらに土地があったので、民宿でもと思って始めたんですが、海が見えない地でしたので、全室ひのき風呂付きなどのお部屋に変えて、温泉宿という形でスタート致しました。大規模な改装はしていませんが、汚れたところはすぐ内装工事を行ったり、畳は半年に1回は取り替えています。また、旅館のあたたかさは木の温もりということで、お部屋のお風呂もひのき、もちろん大浴場もひのきという形で、全て木にこだわっております。


西本 ひのきのお風呂は良い香りがしますし、リラックスが出来ますね。旅館経営を始められるようになったキッカケはありますか?


稲葉 父が本館の方を経営しており、小さい頃から親の姿を見ていたので、大学卒業してすぐに板前の修行に入りました。それから帰ってきたら、まず板前から始めて、緑水亭をオープンしてから10年は、お出しする料理は自分で全て作りましたね。ただ、自分でずっと作っていると、どうしても自分の味覚に合わせてしまったり、奢ったりしてしまうので、他の板前に同じ調理法で作らせて、毎月、献立のチェックの時に自分や他の板前の舌で確認しています。その方がお客様の評判も良いんですよ。


西本 お料理の方は?

稲葉
主人:稲葉靖さん

稲葉 チェックインした時に、伊勢海老かアワビかをお選びいただけます。千葉県は伊勢海老の漁獲量第一位なので、名物でもあるんです。それか、地元で採れた新鮮なアワビのどちらかを…。それがメインとして通年やっています。他には、毎月の季節の懐石料理ですね。お刺身は6種盛り合わせと小さい器で12、3品出てきますので、ご飯を食べて、デザートを食べて、お腹一杯になって頂くお料理です。実は近くの漁港の入札権を私どもは持っていますので、鮮度の良い新鮮な魚介類が、お安くご提供出来るんですよ。それにこだわった中で、かなり大きな自家製生け簀を持っていますので、そこに活魚、伊勢海老、アワビ、サザエは常時ご用意しています。ですから、ご要望があれば、カレイのお刺身など、その場ですぐに対応出来るんです。


西本 お食事だけでもご利用できますか?


稲葉 はい、ご昼食、ご夕食だけでも、ご予約制で承っております。


庭園西本 特に忙しい時期はいつ頃ですか?

稲葉 千葉県は2月、3月から暖かくなってくる時期で、千倉白浜地区では花が満開になるんですね。それを目当てにいらっしゃった方が、美味しいお魚を食べようと足を運ばれることもあります。夏休み期間、2月、3月が一番のピークですね。

西本 お部屋は何室ですか?

稲葉 全部で9室でお部屋のタイプは5タイプあります。同じお部屋を2つはなかなかお取り出来ませんので、お客様が良い部屋をお選び頂けます。一般のお部屋はひのきの内風呂、あとのお部屋はひのきの露天風呂となっています。他に、大浴場は男女別、貸切風呂もございますので、お風呂が混むことはあまりありません。ユニークな特徴としては、お風呂に畳を敷いているんです。これは、高齢者やお子様が滑ると危ないという要望から、思いきって敷いてみました。これがお客様からは、安心だと評判頂いています。チェックインが14時で、チェックアウトが11時なのでゆっくりご寛ぎ頂けますよ。

記念ショット西本 では最後にメッセージをお願いします。

稲葉 お料理は絶対という形の中でお客様のご要望を全て伺って、食べ具合に応じて、ゆっくりお部屋で召し上がって頂いております。また、近くの安房小湊駅からの送迎も行っていますので、ぜひ気軽にいらしてください。

 

 

 

■お店データ■

旬菜の宿 緑水亭

住所:千葉県鴨川市内浦1385

https://ryokusuitei.jp